月別アーカイブ: 2017年6月

呼んでも来ない時のトレーニング

  • 最初の3日間は、絶対に名前を呼ばないようにしてください。用があったら、自分から愛犬のところに行ぐようにしてください。
  • 次の3日間は、1回呼んで来てくれたら、必ずおいしいおやつを与えるようにしてください。来なかったら何もせずに無視してください。
  • 7日目には、呼んだら必ず飼い主さんのもとに来るようになっているはずです。
  • できればその後も、呼んで来てくれたら何回かに1回はおやつを与えるようにしてください。おやつを与えなぐても、必ずほめるようにしてください。

「ほめる」とは、犬が喜ぶ状態にしてあげることを言います。犬がうれしそうでなければ、ほめられていないということなので、気を付けてください。高い声でテンポよく声をかけてやると「うれしいモード」になりやすいようです。

大事なのは、犬という動物が自分のところに来たらうれしい状態にすること。犬との関係が良くなれば、飼い主さんが喜んでくれることが、愛犬にとって最高のごほうびになることもあります。

しかし残念ながら、犬を飼っているすべての人が経験できることではないと思います。愛犬との良い関係を作っていくことはとても楽しいことですので、愛犬とのトレーニングはとても大事なことになります。

また、犬の困った行動にマーキングがあります。

マーキングは、叱って直るものではありません。また、「トイレのトレーニングができていない」という問題とも違います。トイレを忌れたわけでもありません。

トイレの成功率が80%以上になったら、トイレでしなぐてはならないことは理解しているはず。それ以降の失敗は「わざと」か、マーキングの疑いがあります。

あとは粗相をした場所によって見分けることができます。たとえば、廊下や玄関など、わざわざ人が通るところにする排泄はマーキングである可酳性が高いです。飼い主さんから見えるところに、犬が印を置いているのです。

テーブルの脚や冷蔵庫、キッチンの入口にするのは、食べものに対するアピールがありそうです。テレビやソファにかけるのは注目されたい場合。特定の人が座るイスや服などにするのはその人に叱られた、あるいは忙しくしていてかまってぐれない、などのチャレンジやアピールが考λられます。窓やテラス付近なら、外に対するなわばりの主張である可能性があります。

ベランダのある家でカーテンにマーキングされる場合は、かなりの確率で左右どちらかの側に偏っているのです。多くは飼い主さんのサンダルがあるほうにするようです。理由は「飼い主さんが必ず発見してくれる」、「ほかの人も出入りするかもしれない」。だったらここは自分のなわばりですよ!と印を置いておきたいのだと思います。