チワワのマーキングとハウスの関係

前回のチワワのマーキングの続きです。

いたるところにマーキングをしてしまうアレックスの飼い主さんには、トイレトレーニングの基本、「ちゃんとトイレでできたら必ず大好きな食べものを与える」ことを実行してもらうようにしました。

ハウスの中で成功したときにも食べものを与えて、外したときには絶対にすぐに掃除をしない。外に出しているときに粗相をしたら、まずアレックスを捕まえて騒がず淡々とゲージに戻し、それからゆっくりと掃除をするようにしてもらいました。

掃除が終わってもすぐにゲージから出さず、しばらく放っておくようにします。最低でも30分~1時間は入れておく必要があるかと思います。

あとは、オスとしてのテリトリーマーキングは去勢をすると減少する確率が高いのでお勧めしてみました。いずれはやろうと思いつつ、今まで延びてしまっていたということでしたので、この機会に手術することになりました。

ゲージにおとなしく入っていられるまでに2週間、それからさらにマーキングをしなくなるまでに約1ヵ月かかりましたが、それでも2年間悩んできたマーキングの問題は一カ月半で改善され、今ではまったく問題ない状態になりました。

アレックスはハウスに入っているとき、とてもリラックスしているように見えるそうです。飼い主さんも、今では八ウスでアレックスを管理してあげることの心地良さを実感して、留守中の排泄にイラつくこともなく、平和に過ごせるようになりました。

「留守中もゲージに入れるようになってから、私たちは外出のあいだ気が楽になって、帰宅したときのアレックスの様子も変わりました。初めからきちんとやっておけばよかったです」と飼い主さん。

アレックスには少々臆病なところがあったので、やはりゲージでの管理は良い手段でした。留守中にゲージに入っていれば、自分が外に出られない分、外からも誰かが入ってくることはありません。広いスペースの偵察も必要がなくなったので、安心して過ごせるようになったのでしょう。

チワワは、玄関のドアや窓の鍵が閉まっていることは理解できないので、「開いて誰かが入ってくる可能性がある」とドキドキしているかもしれないのです。このように愛犬の性質によっては、留守中に部屋を自由に行き来できることによって、かえって不安にさせている場合があるのでご注意ください。警戒心が高かったり、自信がなかったり、怖がりだったりする子は、ハウスでの留守番が向いているでしょう。

また地震の教訓として、犬をフリーにして出かけてしまうと、倒れた家具などの下敷きになる危険性があります。、丈夫なクレートに入れておたほうが安心ですので、この点からもハウスでの留守番をお勧めします。

恐怖を感じたら狭いところへ逃げ込もうとするのは、人も動物も心理は同じ。きちんとトレーニングできていれば、ハウスに入れることは決して「かわいそうなこと」ではないのです。